令和元年6月現在


IMG_7931.JPG

当院は阪神間の都市部に立地する獣医師5名、動物看護士2名からなる(平成31年度)中小規模の小動物専門病院です。外来の犬、猫の比率は約1:1、その他エキゾチック動物も積極的に診察しています。日常の診察に関しては、あくまで自然科学としての獣医学に立脚した診療を心がけています。勤務獣医師は学会、研究会に出席するだけではなく、診療を通して得た知見は学会発表や論文とし公表してきました。特に掘り下げて手がけている分野は、内科とりわけ内分泌疾患、消化器系疾患であり、それぞれの診断学と治療に注目しています。また2015年から血液凝固のパラメーターであるTATを用いたDICの早期診断に取り組んでいます。たとえ現時点で知識、技術はなくても、勉強のやり方が身に付いている獣医師の就職を希望します。終日の見学内容は以下のとおりです。

    08:30  全体ミーティング&自己紹介
    09:00  午前の外来 診療見学
    12:00  手術(随時昼食)
    16:00  午後の外来 診療見学
    20:00  終業&症例ディスカッション


見学、面接をご希望の方は直接電話連絡いただくか、メールでご連絡ください。なお、ご来院の際には必ず履歴書をご持参ください。