90f8E408E9E8AD4[1].jpg



  • 初診の方は治療に入るまでに検査や診断に時間がかかります。 できるだけ早い時間帯の御来院を強くお勧めします。
  • イヌはリードを必ずお付けください。また待合室では他の動物にむやみに手を触れないよう、ご配慮ください。
  • ネコをお連れの方は待合室でキャリーケースや袋から出さないで下さい。同席しているイヌに驚いて逃げ出すと、ネコもイヌもそして人も大変危険です。洗濯ネットに入れての御来院をお勧めします。

初回の御来院時、問診表にご記入いただきます。記入用紙を前もってダ ウンロードし、ご自宅で記入の上ご持参いただきますと待ち時間が短縮でき、動物の負担も軽減できます。問診表のダウンロードはこちら。 Word文書の問診票LinkIconPDF文書の問診票LinkIcon



  • 当院は原則的に担当医制をとっています。担当の獣医師の出勤状況を上のカレンダーでご確認の上お越し下さい。




  • 当院は救急体制をとっていません。時間外診療は当院で継続して診療中のかかりつけの動物であって、状態が急変し救急状態の場合に限り診察させていただいています。お電話いただく前に、再度この点をご確認頂きますよう、お願いいたします。
  • 当院でこれまで診察を受けたことのない動物で、救急の場合は以下の救急病院に御連絡ください。



  • 咳?えずき・・・? ケイレン?それとも震え・・・?飼い主さんでも判別しにくい症状が多くあります。動物は言葉を話しません。飼い主の皆様がご覧になった動物の症状をできるだけ客観的に伝えていただくためにぜひともご自宅で動画を撮影していただき、診察時にお示しください。カメラつき携帯電話やデジタルカメラの動画で充分です。
鼻腔内の腫瘍や異物が入った時に認められるいわゆる「逆さクシャミ」をしているワンちゃんの動画をご紹介します。受診の際、診断を下す私たち獣医師に、この症状を言葉や身振り手振りで伝えるのは大変難しいことがご理解いただけると思います。

  • 当院に関するお問い合わせは infor@yasuda-vet.com までお寄せください。ただし個々の症例に関するご相談にはお答え致しかねます。実際の診察を行わずに病気にコメントすることは無責任なことと考えるからです。この点どうぞご理解をいただき、ご質問内容にご配慮いただきますようお願いいたします。